Windowsパソコンで Wi-fiが「無効」になってしまう場合

無線でインターネットを利用している際に、何故かインターネットが繋がらなくなってしまう場合があります。

タスクバーを確認してみると、無線接続が切断されている場合ですが、「Wi-fiが勝手に無効」になってしまう場合があります。

手動で、Wi-fiを有効にすれば再度無線が接続されインターネットも復旧するのですが、それだと毎回面倒です。

こんな症状が「シャットダウン後」「再起動後」「スリープ後」に発生する場合は、一度「電源の管理」を確認してみるといいと思います。

確認する項目は、「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「電源オプション」→「プラン設定の変更」→「詳細な電源設定の変更」→「電源オプション」の中の「ワイヤレスアダプターの設定」→「省電力モード」→「バッテリ駆動」→「最大パフォーマンス」→「OKボタン」

上記のような設定となります。

パソコンによっては「ワイヤレスアダプターの設定」自体が存在しない場合もあります。

無線接続でお困りの方は、一度設定の確認をしてみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA