Windows10 April 2018 Update 不具合

Windows10 April 2018 Update」にて、いろいろな不具合が報告されています。

更新後に不具合が発生した場合は、インターネットの情報や、メーカーサイトにて確認していく必要があります。

主な不具合としては、

  • 東芝製SSDの一部モデルにて、バッテリー寿命が短くなる。
  • Intel製SSDのデバイスで、システムがクラッシュする。
  • 言語の削除ができない
  • 隠しパーティションにドライブレターが割り振られる
  • DELL Alienwareにてアップグレードできない
  • コルタナのフリーズ
  • Google Chromeのフリーズ
  • FireFoxとの非互換性問題
  • カメラやマイクにアクセスできない
  • 一太郎にて縦書きフォントのトラブル
  • キーボードが動作しない

いろいろな不具合が報告されています。

安定した動作が必要な場合は、アップグレードを送らせるなどの対処が必要です。

「Windows 10 April 2018 Update」で見つかった不具合のまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA