Windows10 USB機器のトラブル セキュリティソフト

Windows10のPCにて、USB機器がうまく動作していない場合、ドライバーに不具合がある場合があります。

デバイスマネージャーを開いて、「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」内に、「黄色の!」がついているものがある場合は、ドライバーに何らかの不具合が生じております。

通常の改善方法は、「問題のあるドライバ」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を実施、その後「操作」から「ハードウェア更新のスキャン」を行うことによって自動でドライバーを再インストールしてくれるはずです。

しかし、通常の改善方法では再度「ドライバーに黄色の!」がついてしまう場合があり、うまくドライバーがインストールできない場合があります。

その時に試したいのが、「セキュリティソフトの停止」です。

McAfeeの場合だと、「リアルタイムスキャンを無効」にすることで、セキュリティを停止させることが出来ます。

その後、再度通常の改善方法を試してみると、うまくドライバーのインストールが行えることがあります。

ぜひ、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA