USBフラッシュメモリとSSDのスピード

データのバックアップやデータの移行で一番便利なのがUSBフラッシュメモリです。

利点は料金も安く、扱いやすい点だと思います。

しかし、データのサイズが大きくなるとなかなか時間がかかってしまうものです。

メインで使用しているシリコンパワーの32BGのUSBフラッシュメモリです。

データ移行の時間を測ってみると、「約10GB」のデータ移行に「約25分」の時間を要しました。USB3.0での通信になります。

ちょっと時間がかかりすぎ・・・

そこで、SSDを外付けHDDとして利用することにしてみました。

今回利用するのは「トランセンドTS128GMTS800S」 M.2のSSD

 

ケースは「NYUTASE M.2 SSD ケース 外付 USB3.0」を使用

早速速度のチェックです。

10GB」のデータを移行して、「約5分」で完了。USBフラッシュメモリの約5分の1の時間で終了。

抜群のパフォーマンスを発揮。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA