Windows Update後にパソコンが起動しない症状

パソコンが起動しない理由はいくつかあります。

その一つにWindows Updateの失敗が挙げられます。

例えば、Windows Update後に電源を入れると、いつもより起動に時間がかかったり、黒い画面のままになったり、「更新を適用しています」の画面になったりします。

本来であればそのまま待っていれば通常通り起動してくるのですが、よくわからない人はパソコンを強制終了してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

その際によく起こるトラブルとして、パソコンが起動しなくなってしまうんです。

電源は入るが、「黒画面にカーソルが点滅」でハードディスクへのアクセスがされない事がよく起こります。

改善策の一つとしては、パソコンからハードディスクを外し、別のPCに接続し、認識してあげると改善することがあります。場合によっては別のPCに接続してもなかなか認識しないこともありますが、何度か抜き差しを行うことで認識するようになったりします。

その後、元のパソコンにハードディスクを戻して、起動を試してみると、通常通り起動することがあります。

パソコンの電源は入るが、ハードディスクのアクセスがされずに起動しない場合には、一度試してみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA