2018年1月のWindows Update の不具合

2018年1月のWindows Updateを更新後のPCで不具合発生

症状はPC起動後、デスクトップ画面は表示されるものの、2分ぐらいで勝手に再起動がかかってしまう。

診断の結果、DiXiM製ツールの不具合であることが判明。実際のPCではNEC製TVモデル、SmartVisionのバージョンが古いことにより、
Windows8.1の更新(KB4056895)にて不具合発生。

解決策としては、いったんシステムの復元にてWindows Update前に復元実施。Smart Update にて、SmartVisionのドライバ更新。
その後Windows Updateの更新を実施。


参考URL:https://freesoft.tvbok.com/cat97/2018/2018_01_windows_update.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA